特に注意すべき副作用


オルミエントの服用中特に注意すべき副作用があります

帯状疱疹たいじょうほうしん


帯状疱疹は、痛みを伴う赤い発疹(ぶつぶつ)や水ぶくれを主な症状とする病気 です。最初に数日~1週間程度、皮膚の内側からチクチク・ピリピリした痛み*が 続いた後、同じ場所に発疹があらわれます。症状が進行すると、体の左右どちらか 片側に発疹が帯状に広がっていき、やがて発疹は水ぶくれへと変化していきます。 症状に気づいたら、すぐに主治医、看護師または薬剤師にご相談ください。 *痛みの感じ方には個人差があり、痛みではなくかゆみと感じる場合があります。 ほとんどは適切な治療によって回復しますが、治療の開始が遅れた場合には後遺症 として痛みやしびれ、発疹のあとが残ることがあるので、早めの治療が大切です。

注1)痛みの感じ方には個人差があり、痛みではなくかゆみと感じる場合があります。

図:注意すべき症状 痛みを伴う赤い発疹、水ぶくれ 微熱など 帯状疱疹は、体の左右どちらかに症状があらわれます。また、顔を含む頭部や足に発症することもあります注2)。注2)発症部位は胸から背中にかけてが最も多く、患者さんの半数以上が上半身に発症します。
doctor quote

感染症


オルミエントの服用中は免疫の働きが低下し、感染症にかかりやすくなる可能性があります。また、感染症にかかったときにみられる発熱や体のだるさなどの症状があらわれにくくなるかもしれません。

感染症を防ぐために

  • 日ごろから手洗いやうがいなどを心がけましょう。
  • インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種については主治医と相談してみましょう。
オルミエントの服用中は免疫の働きが低下し、感染症にかかりやすくなる可能性があります。また、感染症にかかったときにみられる発熱や体のだるさなどの症状があらわれにくくなるかもしれません。
doctor quote

間質性かんしつせい肺炎


間質性肺炎とは、肺の中で酸素を取り込む肺胞の壁やその周辺に炎症が起きて、酸素が上手く取り込めなくなる状態です。

注意すべき症状 発熱 空咳(たんを伴わない咳)息切れ など

消化管穿孔せんこう


消化管穿孔とは、何らかの原因により胃や腸に穴があいてしまった状態です。消化管穿孔に至る前に、胃の痛みなどの症状があらわれることがあります。憩室炎けいしつえん(大腸の一部が袋状に突出し、炎症を起こした状態)を指摘されたことがある場合は、消化管穿孔を起こしやすいと考えられていますので、必ず主治医にお伝えください。

注意すべき症状 発熱 空咳(たんを伴わない咳)息切れ など

横紋筋融解症おうもんきんゆうかいしょう・ミオパチー


臨床試験において、筋肉の障害がみられた患者さんが報告されています。

心筋梗塞こうそく
脳卒中
静脈血栓塞栓症など


オルミエントとの因果関係は明らかではありませんが、臨床試験において、心筋梗塞、脳卒中や静脈血栓塞栓症がみられた患者さんが報告されています。

静脈血栓塞栓症とは、主に足の静脈に血栓(血の塊)ができること。またその血栓 が血流にのって肺の動脈を詰まらせる状態になることです。

悪性腫瘍しゅよう


オルミエントとの因果関係は明らかではありませんが、臨床試験において、悪性腫瘍がみられた患者さんが報告されています。